So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ナショジオ×ハワード・ジョーンズがタッグ 環境保護伝えるミュージック映像が街頭に

写真拡大Photo by cinemacafe.net 地球環境について考える日として、毎年世界各地で様々な形でイベントやアクションが行われている、アースデー(4月22日)。日本でも1990年より毎年多くのアーティストが集ってコンサートを行うなど、徐々にそのコンセプトが定着してきている。そんな中、ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」(以下ナショジオ)では、アースデーの啓蒙活動として、1980年代に一世風靡した英のテクノポップを代表するミュージシャン、ハワード・ジョーンズとタッグを組み、新たに「地球環境を考える」ミュージックビデオを制作、4月8日(木)よりチャンネル内、さらに12日(月)より街頭ビジョンにて放送される。英米両国で累計800万枚以上のセールスを記録する、エレクトリック・ポップ、テクノ・ポップの先駆者として名を馳せ、いまなお活躍する一方で、80年代から地球保護に対し積極的に貢献していることでも有名なジョーンズ。今回制作するミュージック・ビデオは、彼の新曲「Building Our Own Future」のミュージックビデオと、ナショジオがアースデーに因んで放送する海をテーマにした特集番組「海の神秘」の映像とを組み合わせたもの。映像と音楽の融合により環境保護を呼びかけていく。年々、エコ推進の声が高まる中、今回誕生した新たなプロジェクト。その仕上がりも気になるところだが、今後こうしたメディアの融合はどのような広がりを見せていくのか? 注目したい。アースデー特集「海の神秘」ナショナル ジオグラフィック チャンネルにて4月10日(土)・18日(日)・22日(木)放送公式サイト:http://www.ngcjapan.com/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/379

サイボウズ:10年1月期の営業利益47%減、子会社売却や開発費の増加が響く

【3月16日、さくらフィナンシャルニュース=東京】 サイボウズ(東1:4776)が16日に発表した2010年1月期の連結決算は、営業利益が前期比47%減の4億2500万円だった。事業再編により前期に比べ連結子会社が減少したことや、連結子会社が一部事業を譲渡したことが響き、減収となった。加えて、新製品開発にともない研究開発費が増加したことや、一部連結子会社で、たな卸評価損を計上したため、大幅減益となった。売上高は同29%減の66億4500万円、経常利益は同42%減の4億3400万円、純利益は、関係会社株式売却益や事業譲渡益を特別利益に計上したため、同71%増の2億8200万円だった。期末配当は前期比60円増配の1株あたり103円。同時に発表した2011年1月期の連結業績予想は、売上高が前期比20%減の53億円、営業利益が同25%増の5億3000万円、経常利益が同22%増の5億3000万円、純利益が同15%減の2億4000万円を見込んでいる。期末配当予想は69円。【了】

【記事】"首席卒業"桑田氏、驚愕の成績表/【画像】スッピンでマジ顔のしずちゃん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼ドアスポ vol.1105 (http://sports.livedoor.com/) livedoorスポーツが、必読のスポーツ記事を集めました  ドアスポブログ(http://blog.livedoor.jp/doorspo/)                                2010年3月16日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━目的を持って大学へ行っとけば良かったと今さら思った(うめ)【 注目トピックス 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・"首席卒業"桑田真澄氏、驚愕の成績表http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/201000169c6445a3e60c2bbb27/・「日本はもう韓国に勝てない」論が噴出http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016e6c63fb2316627a19a/・大相撲で一度渡した懸賞金を回収する事態http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2010001682bda5c650791289ff/・阪神オーナーの壇上での謝罪に「正直驚いた」http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016cfa53d2b262288c04a/・「カズの浮気はりさ子さんにとって大きな問題じゃない」http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016704bcc58a17afd4893/・巨人の報復行為に横浜が戦々恐々http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016dd218116d1128876e4/・"相撲界は優等生ばかり"で2日目以降の残チケットの山http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016bca682499668bf995b/【 驚愕のスポーツニュース 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・阪神がクビから1年たたないで再契約へhttp://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2010001603c48a9ba9b2b67714/・オリックス岡田監督が激怒「ナメられすぎや」http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/201000165b68af942cfc4ffc69/【 こぼれ話 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・スター性自賛"2軍の帝王"中田翔に危機http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016fceb718372d57d647f/・キムヨナにそっくりな少女に称賛の声http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/201000169adf43816a986e28e1/・阪神は"デビル城島"出現で内部崩壊http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/201000166d0ab08a682638c9d0/【 女性アスリート 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・【画像】ボクサーモードのしずちゃん、スッピンでマジ顔http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2010001668a5f22fe683ee3dcc/・【画像】F1サーキットにいた超美脚の美女http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016d45e230ea453cfa8db/・【画像】フライトアテンダント風のレースクイーンhttp://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2010001601208f9f571c2974d9/・【画像】マラソン加納由理、半泣き状態で表彰台http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2010001662c3e452a593c70614/・【画像】美人ゴルファー竹村真琴、スタイルもルックスも抜群http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016beb05fd98a02626c84/・【画像】ダカールラリーのマッサージガールが無駄にセクシーhttp://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016435e02029237d3e078/・【画像】里谷多英オリンピックで「やっちゃった」シーンhttp://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20100016e7ee0b749442337aa8/・【画像】小椋久美子の引退は早すぎると思っているファンは多いはずhttp://ck.mailmag.livedoor.com/ck/201000163033470b10e4ea3f78/

禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上

 禁煙・節煙意向を持つ6割以上の喫煙者が、今年10月から予定されている1箱当たり100円の増税を機に、たばこをやめたいと思っていることが、ジョンソン・エンド・ジョンソンの調べで分かった。 調査は今年2月、禁煙・節煙を考えている全国の20−50歳代の喫煙者を対象に、たばこ増税が禁煙・節煙意向に与える影響などを把握することを目的として、インターネット上で実施。312人から回答を得た。 調査結果によると、「増税を機に本数を徐々に減らし、やめたいと思う」が40.7%で最も多く、次いで「増税を機に完全にやめたいと思う」(21.5%)、「増税を機に本数は減らしたいが、やめたいとは思わない」(20.2%)、「やめたい、減らしたいと思っているが、増税とは関係ない」(17.6%)の順だった。 また、禁煙・節煙関連の製品を選ぶとき、重要だと思うポイントを聞いたところ(複数回答)、「吸いたくなった時にすぐ吸いたい気持ちを抑えてくれる」(56.4%)、「効果を感じられる」(53.5%)、「禁煙時のイライラを感じない」(52.9%)、「簡単に使える」(50.0%)などが多かった。 さらに今回のたばこ増税については、「やむを得ないと思う」が45.2%、「納得ができない」が54.8%だった。【関連記事】喫煙経験のない男性、イソフラボン摂取で肺がんリスク低下来年度税制改正大綱を閣議決定―政府「肺の生活習慣病」受診率は1割未満【中医協】ニコチン依存症管理料継続へ男性の喫煙率、過去最低に―厚労省調査

【ワイドショー通信簿】ベッカムの諸行無常 けがと家族と引退説

とくダネ!<テレビウォッチ>イングランド代表のMF、ディビット・ベッカム(34)が左アキレス腱を断裂しW杯南アフリカ大会出場がほぼ絶望的となり、引退説も出ている。過密スケジュール???番組で笠井アナが「手術を終え、治るまでに3〜4か月かかるという一報が今入ってきました」と取り上げた。???イタリア・ミラノで3月14日行われたキエボ戦の最中、ベッカムがごく普通に左足へ体重を移動させた際に断裂したらしい。番組はその時の映像を流したが、笠井は「何故こうもあっさり断裂してしまったのか」と、その理由を解説した。もとはといえば、レアル・マドリードにいたベッカムが、ビクトリア夫人の意向もあってか、アメリカのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍したことから。???しかし、イングランド代表のカペッロ監督が「欧州のトップクラブでプレーしないと起用しない」と公言したために、困ったベッカムがイタリアの ACミランに期限付きで移籍。???昨2009年からベッカムは、オフ返上で1年の前半を単身赴任でACミラン、後半をギャラクシーでプレーしていた。「ボロボロの状態」???ベッカムはW杯を3度出場したものの、1度も優勝経験がない。今年は強いといわれ優勝の可能性もあるイングランド代表だけに、何としても出場したい苦肉の策だったようだが、この過密スケジュールが裏目に出た。???平石クリニックの平石院長によると「使い込んでアキレス腱がボロボロの状態だったのだろう。この場合、ちょっとした体重移動で切れることもある」という。???手術は、ウシの腱を覆いかぶせて強度を上げることもできるという世界的権威のサカリ・オラバ医師が行った。キャスターの小倉が「ウシのアキレス腱は使わずにすんだの?」に笠井が「詳しいことはわかりません」。???タレントの渡辺満里奈が「奥さんの意向でアメリカに行ったのが大変だったのですかね〜」に、これまた笠井が「家族思いのベッカムにとって、こういうこともひとつの要因だったのかもしれません」と。???かみさんの要求をハイハイ聞いていると、とんでもないことになりかねないという例えか…… モンブラン■J-CASTテレビウォッチとは?ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!新たにJ-CASTニュースショップがオープン!

[いじめ?]同級生暴行の様子ビデオ撮影 中国地方の中学で

 中国地方の市立中学で、3年生男子が同級生数人にいじめられているような様子を、男子同級生がビデオ撮影していたことが分かった。撮影した動画は一時、音声付きでインターネットの動画サイトにも掲載された。地元の市教委はいじめの疑いがあるとみて、学校や生徒から事実関係を聴いている。 市教委などによると、映像は教室内で3年生男子4人が1人の男子を押し倒し足で顔をけったり、平手打ちする様子を映している。その光景を見て笑う女子生徒も映っていたという。撮影は別の男子同級生で、映像は少なくとも2種類あり、先月14日の昼休みに教室や音楽室で撮影した。2月下旬に動画サイトに投稿されたが、撮影した同級生が削除したという。 今月14日夜、市に匿名の通報があり、市教委が調べて判明。中学校は15日、PTAを対象に説明会を開き、経緯を説明した。 同校教頭は「重く受け止めている。今後のことは市教委と相談してきちんと対応していきたい」と述べた。

工作機械生産、28年ぶり首位転落=中・独に抜かれ、日本3位−09年

 日本が2009年の工作機械の生産額で28年ぶりに世界一の座を明け渡したことが、日本工作機械工業会が16日発表した主要国の生産調査で分かった。首位は中国で、日本はドイツにも抜かれ、3位に転落した。中国は世界同時不況からいち早く立ち直り、成長路線に転じた一方、日本は内需回復の遅れに加え、円高で輸出も苦戦。こうした明暗が工作機械にも反映された形だ。 中国は前年比8.9%増の109億5000万ドルと主要国で唯一、前年実績を上回り、3位から1位に浮上。日本は56.5%減の58億8890万ドルと大幅に落ち込んだ。ドイツは35.2%減の78億2160万ドルで2位を守った。 工作機械は、金属部品などを切削、加工する機械。日本は1982年に米国を抜いて首位に立ち、長らく製造業のものづくりを支えてきた。 

議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)

 介護をめぐる問題を検証し、質の向上や制度の充実を目指す「民主党介護を考える議員連盟」は4月19日、4回目の勉強会を開く。発足以降、毎週勉強会を開催するなど意欲的な取り組みを続ける同議連だが、一方で、2回目と3回目の勉強会に出席した議員は、いずれも10人前後。105人の加盟議員数に対し、出席率は10%程度という状況が続いている。

 「お忙しい時間に設定をいたしましたものですから、なかなか出席できかねる先生が多かったのかもしれませんが、記者さんたちにも多く出席いただいています」
 議連の幹事長を務める郡和子衆院議員は、12日の第3回勉強会の冒頭、こんなふうにあいさつした。郡幹事長の言葉通り、この日出席した議員は10人弱。途中から参加したり、退席したりした議員もいたため、時間によってはヒアリングのために招かれた介護関係者(5人)とほぼ同じ数の議員しかいない場面もあった。
 空席ばかりが目立つ会場を後にした関係者からは、「この場を設けてくれたこと自体、(前政権と比べて)大きな進歩と言えるが…。もう少し(議員が)出席してくれたら」(自治労の秋野純一社会福祉局長)など、戸惑いの声も聞かれた。

 当初から議連に参加する議員が少なかったわけではない。3月31日の第1回勉強会には、約40人の議員が出席していた。2回目の勉強会以降、参加議員がぐっと減ったことについて、議連の事務局長を務める藤田一枝衆院議員は「(介護議連と同じようなタイミングで開かれる)参院選のマニフェストに関連した会合や勉強会に出席する議員が多いためではないか」と説明する。また、「『金帰火来』の言葉通り、週末から月曜日まで地元にいる議員は多い。2回目、3回目の勉強会に欠席者が多かったのは、その月曜日だったからではないか」(議連会長を務める石毛●子衆院議員の事務所関係者)とする声もある。

 民主党は5月末ごろには、今夏の参院選のマニフェストを策定する方針を固めており、各議員とも、そのための勉強会などに忙殺されている。それだけに、介護議連に足を運ぶ議員は少ないままの可能性もあるが、同議連では「出席できない議員の中には、秘書に参加させたり、資料を取り寄せたりするなどして、議論の内容を把握する議員も多い」(藤田事務局長)ことから、今後も勉強会や視察を継続して実施していく予定だという。

【編注】
●は金へんに英


【関連記事】
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
民主の介護議連が設立総会
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

“犬猿の仲”も歩み寄り? 空港問題で橋下知事と井戸知事 (産経新聞)
トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)

<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決

 三井住友銀行から融資金名目で計5億5000万円を詐取したとして、詐欺罪に問われた不動産会社「コシ・トラスト」の社長、中林明久被告(41)に対し東京地裁は16日、懲役4年を言い渡した。裁判長は「融資担当者を懐柔して連絡を取り合うなど巧妙で悪質」と述べる一方、「審査もずさんだった」と銀行側を批判した。

【コラム】レイチェルの敗戦が招いた大打撃

イギリス、フランス、アメリカ…ワールドワイドな視点で競馬を見続ける筆者が、世界各国の競馬について、そして日本競馬と世界競馬との違いについて、大いに語る!  アメリカの女傑といわれる、レイチェルアレクサンドラ(牝4)と、ゼニヤッタ(牝6)の始動戦が先週末行われたのだが、名牝2頭の明暗はクッキリと分かれた。 まず、サンタマルガリータH(AW1800m)に臨んだゼニヤッタは、1馬身1/4差で快勝。9つ目のGI制覇をはたし、通算成績15戦15勝と連勝街道まっしぐらだ。 一方、ニューオリンズレディースS(ダ1700m)に挑んだ、昨年の年度代表馬レイチェルアレクサンドラは、3/4馬身差の2着。まさかの敗戦を喫した。アスムッセン調教師はレース後「仕上がり途上でも勝てると思ってたんだけど、60%の力しか出せず2着という結果になってしまった。彼女に汚点を残してしまい申し訳ない。次走に関しては未定だが、4月の後半までは使わないつもり」と、語っている。 この2頭は直接、4月9日に行われるアップルブロッサムHで対決する予定だった。「怒涛の追い込み」を見せるゼニヤッタと、「軽快に飛ばす」レイチェルの“世紀の対決”。しかし、この敗戦により実現は持ち越しとなってしまった。 実はこのレース、通常は50万ドルの賞金のレースなのだが“世紀の対決”が実現するとあって、その賞金にはスポンサーがつき500万ドルに跳ね上がっていた(10倍だ!)。しかしまた、このビッグボーナスまでもが白紙に…。さらに“世紀の対決”の放映を、ゴールデンタイムに予定していたテレビ局も、降りてしまった。南米最強の呼び声高いベネズエラのバンベラも、500万ドルが出ないのであれば、このレースを回避するという噂だ。 そこらの飲み屋でも「ゼニヤッタとレイチェルのどっちが強いか?」なんて議論で盛り上がっていたアメリカのファンたちも、これで一気にトーンダウン。まぁどちらかが引退してしまったわけではないので、5月、6月あたりにこの対決が実現すれば、またアメリカの競馬も盛り上がってくると思うのだが…。【関連情報】★週末は高井氏の「プロの勝負馬券」をチェック!★重賞のデータ予想、追い切り速報など充実のレース情報★重賞のデータ予想、追い切り速報など充実のレース情報★競馬関係者のブログが満載の「ブログ王国」★気になるあの馬の能力値は?「指数X」は枠順確定後に無料公開

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。